老後破綻時代到来!サラリーマンが副業をしなければならない理由

老後破綻という言葉を最近よく耳にする方は多いでしょう。

いまや老後破綻というキーワードは
雑誌の表紙を飾るほどで
それだけ世間一般の関心ごととなっているようです。

そもそもの老後破綻という言葉が使われはじめたのは
NHKの特番からだと言われていますが
そこでは生活保護水準以下の高齢者の方々を取り上げ、
老後破綻という言葉で紹介をしていました。

老後破綻? 自分は職についているし、
退職金がでれば安心。
自分には関係ない言葉だね

と思っている方、ちょっと待ってください。

あなただって老後破綻に陥る可能性は大いにあるんです!

貧困層はどんどん増えている?

内閣府が公表している調査結果によれば、
相対的貧困率(※)が年々上昇傾向にあることが示されています。
出典:内閣府
老後破綻
※相対的貧困率とは、一定基準(貧困線)を下回る等価可処分所得しか得ていない者の割合をいう。なお、貧困線とは、等価可処分所得の中央値の半分の額をいう

相対的貧困率を65歳で見てみると
5−6人に一人は貧困という状態です。

老後もらえる年金額はどんどん減っている現実

厚生年金保険の平均月額の推移を見てみましょう。
老後破綻時代到来!サラリーマンが副業をしなければならない理由
年々受給額が減っているのがよくわかりますよね。
平成27年度と、平成23年度の
月返金受給額を比較してみると、
たった4年でその差は4,524円。
減少率でみると3%のダウンということになります。

なんだたったの4,524円か。
たったの3%か。
と言うことなかれ!

65歳から年金を90歳までの25年間毎月もらうとしたら
なんと135万円も目減りしたことになります。

今後年金受給額が増えることは
あまり期待できないので
このまま年金需給月額が減り続ければ、
その目減り分はもっと大きな額になっていくでしょう。

しかし寿命はどんどん伸びていく

続いて同じく内閣府が発表している
平均寿命の推移です。
老後破綻時代到来!サラリーマンが副業をしなければならない理由

年々寿命が伸びていることが
一目瞭然ですよね。

つまり、
我々が老後に期待できる収益の一つ・年金受給額は減っていく一方
寿命はどんどん伸びていくという現実があります。

年金で明けで生活を賄えないとすれば、
貯蓄を切り崩していかなければなりません。

しかし物価が上がり、
相対的な可処分所得が減っていくこのご時世で
果たしてどのくらい賄える貯蓄を確保できるものでしょうか?

サラリーマンの現状の給料だけで
老後もゆとりある生活を暮らせるか不安だ

少しでもそう考えるのであれば
今からでも給与以外の収入源を確保しておくことを
おすすめします

The following two tabs change content below.
らっきょです。 都内の某上場企業に勤務するごく普通のサラリーマン(部長)です。 アフィリエイトを中心に副業で月収200万円を達成、ついに本業の収入を超えました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました