40代サラリーマンが給料UPをもとめて転職 その結果は?

知人の40代サラリーマンが待遇を不満に転職した

40代サラリーマンの転職と副業

40代サラリーマンの知人が、

今の仕事の待遇には不満だ

といって転職していきました。

彼自身そこそこの地位についてはいるものの、
大した技術はもっておらず
口八丁手八丁で今の地位まで登りつめました。

私としては
何が不満なのかな
と思うのですが、
今の地位とそれに対する待遇はあっていないということで
転職を決めたのです。

では、その40代サラリーマンが転職をしたその後は一体どうなったのでしょうか?

40代サラリーマンの転職 その後は?

彼はもともとそこそこの地位がありましたので、
その地位を武器に、
某取引先の会社により高い待遇で転職を決めることに成功しました。

たしか年収で1.5倍だかそこらになったということです。

なるほど転職は一見うまくいったかのように見えますよね。

そして半年が経ち、
1年もすぎ、
だれもが彼の存在を忘れかかったときに
ふと彼の噂を耳にする機会がありました。

彼、また別の会社に転職したんだって

再転職先での彼の給料は、
一番最初にいた会社の給料よりも
格段に低かったそうです。

多くの40代サラリーマンは自分の商品価値を知らない

上記は某知人の失敗談ですが、
彼がどうしてそうなったかは明白です。

彼は自分自身の商品価値を把握できていなかった

ということです。

もちろん、彼は最初の会社でそれなりの実績をあげたからある程度の地位まで登りつめたのでしょうし
仕事ができなかったというわけではないと思います。

しかしその実績のほとんどは会社の看板によって成し得てきたもので、
彼自身の能力によるものなんて、ほんのごくわずかでしかなかったのです。

多くのサラリーマンは

こんなでかい仕事を俺が手がけたんだ
俺がこの得意先を開拓したんだ

と自分の実績を誇らしげに語りがちですが、

ではその人がもし今の会社に属さず、
全くの無名の会社に所属していたとして、
あるいは個人事業主として
同じような実績をあげられるでしょうか?

とかく大きな会社、有名な企業に勤めている人ほど
上記の考え方をもってしまう嫌いがあるようですが、
転職の前にもう一度自分の商品価値というものが本当にそれほどあるのか
自問自答してみた方がいいと思います。

40代サラリーマン 待遇UPのための転職を考える前に

もちろん、本当に実力があって
転職をすることで待遇がよくなり
その後のサラリーマン人生も順風満帆、
という方もいるでしょう。

しかし、
副業を初めてみるという選択肢を持つ
ということも考えてみてもいいかもしれません。

私の場合、
今勤めている会社の給料が今後飛躍的に上がるということは考えにくいとわかった時、選択肢として転職というものはありませんでした。

もちろん、頑張って出世して給料をあげようということも考えていません(笑)

転職については前述のように会社の看板でいきている以上、どこの会社に行こうが大きな成果を出すことは難しく、昇給に期待ができるかというとそうではないでしょう。

同じ会社で出世して給料をあげるというのも、そもそもサラリーマンの出世は上司との関係や運に大きく依存することがありますから、出世したいと思っても他力本願的な部分が強いことは否めません。

副業であれば、やった分だけ成果があがります。
これは非常にわかりやすいですよ。
実際、私は副業に力をいれた分だげ収入が上がってきています。
会社の仕事では、労力がそのまま比例して給料に反映されるなんてこと、なかなかないですものね。

The following two tabs change content below.
らっきょです。 都内の某上場企業に勤務するごく普通のサラリーマン(部長)です。 アフィリエイトを中心に副業で月収200万円を達成、ついに本業の収入を超えました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました